動画配信サービスとの付き合い方

投稿者: | 2019年7月28日

ほとんどテレビを見なくなりました。

DVDをレンタルすることも無くなりました。

映画やアニメを見たいときは動画配信サービスに頼りっきりです。

本稿は私の動画配信サービスとの付き合い方をご紹介します。

もくじ

  • 動画配信サービスの選び方
  • 動画配信サービスの解約方法
  • 動画配信サービスとの付き合い方(←ここが本題)
  • アフィリンク及びアフィじゃないリンク

動画配信サービスの選び方

ポイントは以下です。

  1. 見たい動画があるか
  2. 対応デバイスは何か
  3. 月額料金はいくらか
  4. 無料期間はいつまでか
  5. 無料トライアルの意味を理解する

見たい動画があるか

見たい動画があるか、これが最も重要です。

サービス全体での配信本数がいくら多くても自分が見たい動画がなければ意味がありません。

見たい動画が配信されていれば、極論をいえば、その他は一切見なくとも価値があります。

例えば子供のころ好きだったあのアニメをもう一度みたい!

という場合、それだけで契約の価値があります。

月額が高くとも2000円しない程度なので、これをDVDレンタルするとしたら

どっちが安くて、手間がかからないでしょうか。

対応デバイスは何か

対応デバイスが何か?も必ず確認してください。

スマホで見れるか、パソコンで見れるか、

テレビのWifiだけで見れるか、

Amazon Fire TV Stickで見れるか。

ご自身の環境を必ず確認してください。

当然見えるでしょ?というデバイスに対応していなかったり、条件付きだったりします。

私はかつてHuluを愛用していましたが、その時はテレビのWifi機能だけで見れていました。

しかしHuluのアップデートにテレビの標準Wifiがついていけなくなって見れなくなりました。

(※この時はChromeキャストに助けを求め、結局Fire TVに移行しました。)

月額料金はいくらか

月額いくらで、どの端末で見ることができるか?を確認してください。

初回の無料期間や、キャンペーン価格ばかりが目につきます。

しかし無料期間、キャンペーン期間終了後は通常の月額がかかることが通常です。

必ず通常の月額を確認しましょう。

無料期間はいつまでか

無料期間を必ず確認してください。

「最大31日間無料!」とうたっている場合、「自分が今契約したら何日無料なのか?」を確認します。

いつ契約しても本当に31日無料なのか、契約日から月末まで無料で、翌月初日から費用が発生するのか。

たいした差ではないのですが、「当月末まで無料」のケースで月の下旬に契約してしまうと損をした気分になります。

理解した上であればいいのですが、勘違いで契約してしまった場合くやしい思いをすることもあるので注意しましょう。

無料トライアルの意味を理解する

とにかく使ってみて欲しい!そして気に入ったら月額を払ってほしい!

と、配信側は思っています。当然です。

ほとんどのサービスが無料トライアルの申し込みでクレジットカードの登録を求められます。

そして無料期間終了後はそのまま有料期間が開始されます。

「無料をエサにしてクレジットカード情報を入力させるなんてけしからん!」ではなく、

商売だから当たり前です。ルールを理解したうえでサービスを利用する・しないを自分で判断しましょう。


動画配信サービスの解約方法

ポイントは以下です。

  1. 解約がわかりにくくないか
  2. 解約タイミングによって損得があるか

解約がわかりにくくないか

初めてのサービス利用で不安に思うことのひとつに「いちど契約すると解約しづらいのではなか?」というものがあります。

ケータイやプロバイダの解約などまさにそんな感じで、公式サイトでも解約ページを見つけづらく、見つけても方法がよくわからない、解約しづらい(平日昼間の電話しか受け付けてなくて、しかもつながりにくい、など)ということがあります。

しかしこの点は安心してください。

動画配信サービスの解約で手間取ったことはありません。

いつも動画を見ているページからアカウント情報のページに遷移します。

そこから24時間いつでもWEB上で解約できることが多いです。

すべの配信サービスがそうとは言えません(使ったことのないものもあるので)し、

多少は引き止めようとするサービスもありました。

しかし、解約を決意していれば簡単に解約できるはずです。

解約タイミングによって損得があるか

例えば今日解約して、すぐに動画を見れなくなるのか。

もしくは月末までは見られるのか。

または、最後に契約更新した日からちょうど1か月までは見られるのか。

これはサービスによってまちまちです。

今日の解約でも、月末の解約でも同じ費用負担なのに利用できる期間が変わってくるということもあります。

よく理解してから解約しましょう。


動画配信サービスとの付き合い方

ポイントは以下です。

  1. DVDレンタルの感覚でよい
  2. アカウント管理は厳格に
  3. 配信期限に注意

DVDレンタルの感覚でよい

これまで長々と書いてきましたが、ここが本題です。

色々なサービスがありますが、どれを利用するかは深く考えなくとも問題ありません。

見たい動画があるか」で選択して、「見終わったら解約」でいいと思います。

契約したからといってずっと見続ける必要はありません。

また見たい動画の配信が始まったら「再契約」すればよいのです。

アカウント管理は厳格に

気軽なサービス切り替えをオススメしました。

この際に注意すべきはアカウント管理です。

サービスごとにID(多くはメールアドレス)とパスワードが必要です。

どのサービスにどのメールアドレスを登録したか?パスワードがなんだったか?

忘れないように紙にメモしておきましょう。

<内部リンク>増加するアカウントの管理のコツと注意点

そしてもう1点、契約のしっぱなしにも注意です。

どのサービスとの契約が有効な状態なのか。

契約してることを忘れてしまって、サービス利用していないのに月額だけ払ってる、という無駄なことをしないようにしましょう。

私は覚えきれなくなるので、多くても同時契約は3つまでとしています。

※今はAmazonプライム・NetFlix・dアニメ・ディズニーDELUXEです。あ、4つだった;)

配信期限に注意

ここはごめんなさい、よくわかりません。

アニメやドラマのシリーズを見ている途中で配信が終わってしまう、というのはよくある話です。

よくある話なのですが、配信期限というのが意外にもわかりにくいのです。

確認方法もサービスによってまちまちだったり、そもそもちゃんとアナウンスされていなかったりします。

(※探し方が悪いだけかもしれませんが)

必ずシリーズすべてを見るんだ!と決意している場合は、自己責任で調べましょう。

調べてもわからないなら、配信終了する前にイッキに見切ってしまいましょう。


アフィリンク及びアフィじゃないリンク

クリックして契約してもらえると管理人に報酬が発生してうれしいリンク(アフィリンク)。

そして、特に報酬は発生しないけどご紹介としてのリンク(アフィじゃないリンク)。

アフィリンク

U-NEXTは圧倒的に配信数が多いです。そして価格は高めです。

強味は他のサービスにない動画があることと、同時視聴デバイス数が多い(4つ)ことです。

またアダルトの取り扱いがあることも特徴です(家族利用を考えるとマイナス要素になる場合も)。

Amazonプライムビデオは他の動画配信サービスとは毛色が違います。

年間契約ですが、月額換算すると非常に安いです。

Amazonのプライム会員が標準利用できるサービスです。

動画のためだけに利用するというよりはAmazonでよく買い物をする方にオススメです。

FOD(フジテレビオンデマンド)は名前のとおりフジテレビの動画、特にドラマが好きな方にオススメです。

新旧の名作ドラマを中心に、映画やアニメなどを見ることができます。

動画以外にも雑誌やコミックを楽しめるのも特徴的です。




DAZN(ダ・ゾーン)は特徴が明確です、プロ野球、Jリーグなどスポーツ観戦に特化しています。

他の動画配信サービスは映画・ドラマという既製品が対象のため、どのサービスでもコンテンツの重複が多いです。

スポーツ好きは現状ではDAZNが最良の選択ではないでしょうか。

1点だけ注意です。当然ながら競技とチームのすべてをカバーしてはいません。

気になるチームが配信対象になっているのか、この点は必ず確認しましょう。


dアニメストア

名前のとおりアニメ特化。

そして何より安い。見たい作品が1つでもあれば契約する価値あり。

Hulu(フールー)

配信本数も多く、視聴用アプリも使いやすい。

月額がやや安め。

アフィじゃないリンク

<外部リンク>NETFLIX(ネットフリックス)

動画配信サービスの代表格。

配信数が多い、利用状況にあったプラン(3つ)から選択可能。視聴用のアプリも使いやすい。

<外部リンク>Disney DELUXE(ディズニーデラックス)

ディズニーの名作を見るならここ。

気になってたけど何となく見ないまま忘れてた名作を見直すチャンス。

ディズニー・ピクサー・マーベルの作品を視聴可能。

作品数は多くないが、ひとつひとつが名作。

新しいサービスのせいか、視聴用アプリがちょっと重い時がある。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です