ESCAPE R3 ペダルを交換

投稿者: | 2020年3月28日

ESCAPE R3 のペダルを交換しました。

初期装備のペダルの反射材が壊れました。交換します。

ペダルを探す

ペダルの規格、種類、メーカーを確認しました。

規格

規格は2種類、「9/16インチ」が主流で、「1/2インチ」がBMXや海外の子供用自転車で存在するようです。

私の乗っているESCAPE-R3は9/16インチでした。

種類

フラットペダル、ビンディングペダル、トゥクリップペダルがあります。

競技や長距離の場合はビンディングやトゥクリップを選択するようですが、私は街乗りが主体なのでママチャリと同じ「フラットペダル」を使用します。

メーカー

メーカーは有名どころが安心。

SHIMANO(シマノ)、MKS(三ヶ島)、Wellgo(ウェルゴ)が有名。

超有名で安心のSHIMANO、国産定番のMKS、オシャレなデザインを選びたいならWellgo。

価格とWeb上での評判を考慮してMKSの商品を購入しました。

 

ペダルを付け替える

付け替えは簡単ですが、次の点に注意

  • 左のペダルは逆ネジ(反時計まわりでゆるむ)になっている。
  • 新しいペダルのネジ山にはグリスを塗る。
新しいペダルを買ったら「古いペダル」をはずして「新しいペダル」を付けるだけです。
このとき左のペダルのネジが逆向きであることに注意しましょう。
長年使用しているとネジが固くなります。
左のペダルが逆ネジであることを知らないと、ネジをゆるめるつもりで逆に締め付ける結果になります。

右のペダルは反時計回りでゆるむ。

左のペダルは時計回りでゆるむ。

ペダル用の薄いレンチが必要です。

このレンチは13/14 or 15/16ミリ対応ですが、今回は「15/16」側で奥まではまったので恐らく15ミリの薄型レンチであれば何でもOKです。

4年以上付けっぱなしなのでネジが固くなっていました。

ゴムハンマーでレンチを叩いてゆるめました。

あまり固い場合は無理に外すと破損の恐れがあるので要注意。

KURE5-56やKURE 凍結浸透ルブというケミカルで解決する場合があるそうです(が使ってないのでなんとも)。

 

また新しいペダルを付ける場合はネジ山にグリスを塗りましょう。隙間から雨などが侵入してサビるのを防ぎます。

グリスを塗って

左右のペダルのネジ山どうしでぐりぐりすると塗りやすい

 

ちなみにペダルの左右はどこかに「L」「R」などの刻印があります。製品によって異なります。

間違って取り付けることはできないので心配は無用ですが。

まとめ

ペダル交換は簡単だが以下の点に注意

  • ネジの規格に「9/16インチ」と「1/2インチ」とがある。9/16が主流だが要確認。
  • 左のペダルはネジが逆。はずすつもりで締め付けないように。
  • 新しいペダルのネジ山にはグリスを塗る。水の侵入によるサビを防止する。

<内部リンク>

ESCAPE R3 ブレーキシューを交換

ESCAPE R3 のタイヤ交換

サイコンの電池を交換しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください