アドセンスの申請が通ったので情報共有(2018年)

投稿者: | 2018年5月2日

Google Adsenseの審査をパスできました。

当サイトでもGoogle Adsenseの審査をパスできました(2018年5月1日)。これから審査を検討している方の参考になるかもませんので情報を共有します(※あくまでも私の当サイトでの経験でしかないことをあらかじめご承知おきください)。


審査時のサイト状況

・サイト運用期間:開設は2017年10月、しばらく放置状態の後に、2018年4月からAdsense審査のために記事を作成

・記事数とボリューム:14記事、平均1000文字程度(1記事/2日くらいのペースで投稿)

・PV:ほぼゼロ

放置期間はあるものの、実質運用期間は1か月。1000文字程度の記事を2日置き程度でアップしました。思いついたことを書いてただけということもありPVは実質ゼロです(自分とbot?くらい)。


やったこと、やらなかったこと

必須らしき以下の項目は実施しました

  • 独自ドメインでの運用(すでに対応済みだった)
  • Google Analiticsの導入
  • Google Search Consoleの導入
  • お問合せページの作成
  • プライバシーポリシーページの作成

一部のサイトで推奨されている方法のうち、以下の項目は実施しませんでした

  • 審査用ブログの作成
  • 画像を貼らない
  • リンクを貼らない
  • 記事を30程度作成する

既に運用中だったので「審査用」としては作成していません。画像もリンクも必要に応じて貼っていました。素のままもサイトで審査して、それで落ちたら別途対策を考えるつもりでした。


所感

Google Adsenseの審査が以前よりも厳しくなっている、と言われているそうです。その対策として「審査用ブログ」にていったん審査だけ通す、という方法があるそうです。

いったん審査だけ通す、というのは一体何の意味があるのか。「いったん」審査を通すってことはそのあと審査に通らないような記事を書く、ということなのか。

これはどうやら「きわどい表現でバズらせたり、類似の記事が存在しやすいトレンドに乗せてたりしてPVを稼ぐ」という手法の場合の対策のようです。

感覚的には上記のような攻め方をしない、ふつうのブログだったら審査に通るのではないかと思いました。単なる日記では審査が通らない、という説もあります。実際に日記だから通らなかったというケースがあるのでしょうか。

審査を通過したのみで収益が発生していない現状ですが、お知らせまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください