ESCAPE R3 シート、シートポスト、シートポストクランプを交換

投稿者: | 2022年6月4日

GIANT ESCAPE R3 のシートを標準から交換したので記録。

標準装備で4年ほど乗ってました。

最近になってときどきシートのクランプが緩むことがありクランプの交換を決意。

ついでにシートとシートポストも交換してみました。

交換したもの

  • シート(サドル)
  • シートポスト
  • シートポストクランプ

必要なものこと

  • シートポストの外径の確認(ノギスで測る)
  • シートポストの長さの確認(私は忘れてた)
  • アーレンキー(六角レンチ)
  • グリス(シートポストとチューブの間に塗る)

上の写真がBefore After。

ただしシートポストクランプだけ後で交換。

Amazonで注文した際に発送元の確認が漏れてました。

中国からの船便だったため注文から到着まで1か月ほどかかってしまいました。

注文時は発送元を確認しましょう(とは言うもののどこで確認できるのか知りません、トップ画面は「翌日発送」と書いてるのですが、発送から到着まで1月ほどかかりましたので、ご参考まで)。

シートポストはグリスを塗って砂の侵入を防ぐといいそうです。

選び方と注意事項

シートポストの外径(太さ)には種類があります。

ノギスで計測してから注文しましょう。

私のESCAPE R3は

  • シートポストが27ミリ強(チューブ外径27.2mmらしい)
  • シートポストクランプが32ミリ弱(内径31.8mmらしい)

でした。

また、「シートとシートポスト」の取り付けは組み合わせに注意が必要です。

シートポスト上部のシート(サドル)を取り付ける部分を「櫓(やぐら)」と呼びますが、

この組み合わせによっては取り付けできない場合があるようです(私は見た目だけで判断してしましました、結果オーライでしたが)

<参考:外部リンク>サイクルベースあさひ シートポストの交換って??どんなタイプを選べばいいの??

ひとつだけ想定外のことがありました。

シートポストの長さです。

シートポストの長さに種類があるとは知らず、標準と異なる長さの商品を購入してしまいました。

もし標準でもっとも低くして乗っている、という場合だと同じ低さにはできません。

幸い私が普段乗ってる高さであれば支障はありませんでした。

(妻や子供に貸すときに低くしてたけど、今後できないな、、)

シートポストクランプの交換

今回の主目的、シートポストクランプの交換です。

交換は特にコツなどありません。

取り換えるだけ。

クランプを閉めようとしても、どうにも締め付けがコントロールしづらくなっていました。

どうやらクランプのゴム(?)がうすくなっていたようです。

まとめ

サイズの適合したものさえ購入すれば交換そのものは簡単です。

標準装備で十分だと思っていましたが、自分で選んで交換したらなんとなく満足感が違います(性能はわかりません)。

ご参考まで。

 

<内部リンク>サイコンの電池を交換しました。

<内部リンク>ESCAPE R3 ブレーキシューを交換

<内部リンク>ESCAPE R3 フロントフォークにヘッドライトを装着

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください