Windows10 切り取り&スケッチ でスクリーンショットをとる

投稿者: | 2020年4月27日

Windows10でスクリーンショット

windows10でスクリーンショットを取るなら 切り取り&スケッチ が便利です。

使い方メモ

スクリーンショット取得

Windowsキー+Shift+S(矩形選択する)

編集する

  • スクリーンショット取得後の通知をクリック

  • 上部のアイコンで機能を選択して編集

定規の使い方

  • ドラッグで移動
  • 定規の上でマウスホイールを動かして角度変更

分度器の使い方

  • ドラッグで移動
  • 分度器の上でマウスホイールを動かしてサイズ変更

Snipping Toolより便利なところ

アンドゥできる

Ctrl+Zで作業をひとつ戻せます。

当たり前のようですがSnippingToolでは出来ませんでした。

線を部分的に削除できる

消しゴムで部分的に削除できます。

当たり前のようですがSnippingToolでは出来ませんでした。

SnippingToolではアンドゥが無いせいか、消しゴムでは線単位の削除となっていました。

ショートカットで起動できる

上記の「Windowsキー+Shift+S」で起動できるので便利です。

その他

通知が表示されない場合

  1. 通知がOFFになっている場合は以下の手順でONにします。
  2. デスクトップのスタートボタンをクリック
  3. 歯車マークをクリック
  4. Windowsの設定>システムを選択
  5. 通知とアクション>切り取り&スケッチ>ONに変更

それでも通知が表示されない場合

集中モードに設定されている場合は通知が表示されません、以下の手順で集中モードをオフにします。

  1. デスクトップ右下の通知を右クリック
  2. 集中モードをクリック
  3. オフをクリック

その他編集

もうちょっとだけ凝った編集をしたい場合はペイント利用します。

  1. Windowsキー+Rでファイル名を指定して実行を開く
  2. mspaintと入力して実行でペイントが開く

さらに凝った編集をしたい場合はFireAlpacaがオススメです。

<外部リンク>フリー ペイントツール(Mac/Windows 両対応)FireAlpaca[ファイア アルパカ]

主にリサイズ、JPEG圧縮率変更、モザイクなどに利用しています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください