男の日傘は恥ずかしい

投稿者: | 2018年7月28日

男の日傘は恥ずかしいことです。常識です。
平日の通勤、休日の公園を見てください。
日傘をさしている男なんていないはずです。

もくじ

  • 日傘の効果など
  • 日傘を買いました
  • 日傘をさしました

日傘の効果など

日傘の効果は明白です。科学的な数値を探す必要もありません。

強い日差しの中を歩く場合、日なたと日かげどちらを選びますか?日かげですよね。

その日かげを自分専用に携帯できるアイテム、それが日傘です。

ですが、一応スペックを紹介します。選ぶ際のご参考にしてください。

  • サイズ
  • 折りたためるか
  • 晴雨兼用か
  • 自動開閉か
  • UVカット
  • 遮光・遮熱
  • 見た目

サイズ:お好みに合わせて。ただし雨用と違ってあまり大きさは必要ないかもしれません。雨と違って日光も向きは一定です。あまり大きいと邪魔にもなります。

折りたためるか:使用状況にあわせて。カバンに入れておくならば折りたたみ一択です。

晴雨兼用か:カバンの中に常に折りたたみ雨傘を入れている方は晴雨兼用の傘にすれば1本でまかなえます。

自動開閉か:お好みに合わせて。自動開閉は開閉が便利です。一方、自動開閉機構のせいで少し大きく、少し重くなります。

UVカット:おまけ程度の数値か。気になる方はこだわってもいいと思います。「日傘」ってだけで日焼け止めクリームよりはるかに効果的、だと思います。

遮光・遮熱:日傘をさせば日光こそ遮るものの、傘の内側から熱気を感じます。遮光・遮熱性能もこだわってもいいかもしれません。

見た目:Amazonなどで「日傘 メンズ」で検索すると、思った以上に様々な傘が表示されます。いろいろ探してみるといいでしょう。

日傘を買いました

というわけで、日傘を買いました。恥ずかしいという話はどこにいったのか?忘れたふりです。今でも恥ずかしいと思っています。

Amazonで購入しました。

正直いって「買っても使わないかも、使う勇気ないかも」と思って値ごろな商品を選択しました。

「サイズが大きくなく、小さくない」「折りたたみ」、「男でも恥ずかしくないデザイン」、あと「高額じゃない」という観点で選択しました。

折りたたみ時のサイズが思ったよりも少し大きく、やや重たかったです。しかし「思ったよりも」なので、ご参考になるかどうか。

日傘をさしました

日傘をさしました。

通勤途中と昼休みにさしてみました。

初めてさす日傘というのは恥ずかしいものがあります。まわりの男性たちはさしていません。

それどころか、連日の猛暑日が購入翌日にやわらいで、別段日傘がなくてもいいような日和でした。

しかし、練習もかねてさしました。

誰も咎める者はありません。指をさして笑う者もありません。自分自身が恥ずかしいと思っているだけです。

日差しを遮るというだけで明らかに楽です。皆さんにもお勧めしたい。というかみんながさしてくれれば恥ずかしくなくなるので是非!

ただ不思議そうなまなざしをずっと向けてくるおばあさんはいらっしゃいましたということだけ追加でご報告しておきます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です